下剤を飲まない大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査でのお悩み

大腸内視鏡検査には下剤を服用します。以下のようなお悩みや不安がある方には、下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡検査を実施しています。

  • 下剤の量が多過ぎて飲みきれない
  • 下剤が口に合わない
  • 下剤を飲むことに抵抗がある
  • 水をたくさん飲むのが苦痛

下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査を受ける際には、前処置として2Lの下剤を飲んで大腸をきれいにしておく必要があります。下剤が口に合わず、大量の水を飲み切るのは非常に苦痛が伴います。当院では、このようなお悩みがある患者さんの負担を解消するために、下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡検査を行っています。以下の2つの方法があるので、ご希望の検査方法を選択してください。

選択肢1:内視鏡的洗浄液注入法

大腸内視鏡検査と胃内視鏡検査を同日に受けます。胃内視鏡検査時に、スコープによって下剤を直接注入していきます。短時間で前処置が済み、2~3時間後排便が落ち着いたら終了です。楽に検査を受けることができ、副作用がほとんどないため安心して検査を受けることが可能です。

メリット

内視鏡によって直接下剤を流し込むので、大量の下剤を飲まなくて良いので味などの苦痛に悩むことがありません。胃内視鏡検査でのウトウトとした状態で行われるのでつらくありません。

デメリット

70歳までの方を対象とする年齢制限が設けられています。また、検査当日は大腸内視鏡とは別に胃内視鏡検査を受ける必要があります。胃内視鏡検査における保険が適用されない場合は、ドックの胃内視鏡検査費用を支払う必要が出てきます。注入する下剤量は一定のため、追加で下剤を服用しなければならないケースがあります。

選択肢2:鼻チューブ法

鼻からチューブを挿入して、胃に直接下剤を流し込む方法です。細いチューブを用いることと、鼻の麻酔を行うため痛みなどの苦痛は伴いません。下剤の味や大量の液体を飲む苦痛もありません。胃内視鏡検査が必要ないので、費用も抑えられます。

メリット

下剤を飲む苦痛がありません。内視鏡的洗浄液注入法よりも安価で受けることができます。

デメリット

局所麻酔を使うため、キシロカインアレルギーがある方はできません。鼻からチューブを通すときに、鼻がツンと水が入ったような感じがする場合があります。大腸カメラ検査費用とは別に、材料費として3,300円かかってしまいます。

下剤を飲まずに受けられる大腸カメラ検査の流れ

1ご予約

検査の前に、事前診察を必ず行います。検査予定日の2週間前までに診察を受けてください。期間内の診察で不可能な場合は、検査予約が自動的にキャンセルとなるのでご注意ください。ただし、下血など緊急性が高い症状がある場合は、当日検査を行うことがあります。したがって、症状がある場合は朝食を食べずに来院してください。日頃から服用しているお薬がある場合は、必ず事前に医師に伝えてください。休薬などは医師の指示に従って行うようにしてください。

2検査日まで

検査の数日前から腸管に残りやすい食材として、キノコ類やこんにゃく・食物繊維のある野菜などの摂取を控えてください。検査前日の夜はさらに消化の良い白かゆや素うどんなどを摂ってください。前日は21時までに食事を済ませて、当日朝の食事は摂らずに来院してください。

3来院~下剤注入

内視鏡的洗浄液注入法の場合は、受付を済ませたら検査着に着替えて、朝1番に内視鏡検査を行います。検査の最後にスコープで十二指腸に下剤を注入します。胃内視鏡検査が終わると10~20分程度で目が覚めます。覚醒後すぐに排便が始まる方から1時間ほどかかる方までさまざまですが、排便開始してからおよそ2時間ほどで落ち着きます。 鼻チューブ法の場合は、麻酔薬(キシロカイン)を用いてから鼻からチューブを挿入していきます。なるべく痛みや違和感のないよう、丁寧に配慮しながら挿入します。胃までチューブが到達したら下剤注入開始し、注入始めてから30~60分経つと最初の排便が始まります。2時間程度で落ち着きます。どちらの方法でも、腸内に便や残渣があることで検査の精度が落ちてしまうため、便の状態を確認し、注入だけでは十分ではない場合は追加の下剤を服薬する必要があります。浣腸を行うこともあり、大腸の洗浄がしっかりと済んだら大腸内視鏡検査を行います。

4大腸内視鏡検査

仰向けで寝た状態で、血圧・血中酸素飽和度計測のモニターを装着し、全身確認していきます。その後、左側を下にして膝をかかえて横になり、検査準備を整えます。麻酔開始後、検査が始まります。所要時間は、20~30分程度ですが、ポリープの数や大きさなどによって異なります。検査中は眠った状態で受けることができるので、検査が長引いても心配はいりません。

5検査終了

検査終了後は、まだ麻酔が覚めていないのでボーっとしていますが、そのうち覚めます。だいたい15分ほどで覚醒し、鎮静効果が消えた時点でお着替えを行ったあとに検査結果を分かりやすく説明します。ご質問などにも丁寧にお答えしますので、お気軽に質問してください。

費用

下剤を飲まない大腸内視鏡検査費用は、通常の大腸内視鏡検査費用と基本的に同じです。 内視鏡的洗浄注入法の場合は、胃内視鏡検査費用と特殊な検査着の費用として1,100円(税込み)をお支払いいただきます。また、鼻チューブ法では、材料費として別に3,300円が必要になります。

大腸内視鏡検査・手術費用

  1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査(観察のみ) 2,000円程度 6,000円程度
大腸内視鏡+生検+病理組織検査 3,000~5,000円程度 9,000~15,000円程度
大腸内視鏡+ポリープ切除+病理組織検査 7,000~10,000円程度 20,000~30,000円程度

※血液検査などの事前検査分は含まれていません。
※大腸ポリープ切除時は、内視鏡手術として生命保険還付金が出る場合があります。生命保険・医療保険などに加入している場合は保険会社にお問合せください。

keyboard_arrow_up