負担のない「無痛法」での胃・大腸内視鏡検査

内視鏡検査のご案内Endoscopy

苦痛の少ない胃カメラ検査 苦痛の少ない胃カメラ検査

Upper GI Endoscopy

胃カメラは食道・胃・十二指腸を直接観察できる検査です。胃がんの要因となるピロリ菌の感染検査も同時に行うことができます。鼻からの検査のほか、鎮静剤を使った苦痛の少ない検査も行っています。

無痛法を用いた大腸内視鏡検査 無痛法を用いた大腸内視鏡検査

Colonoscopy

大腸カメラは大腸全域を観察することができます。また、がんの原因となる大腸ポリープを切除することで、がんの予防にもつながります。鎮静剤を使用して眠った状態で検査が受けられます。

無痛法を用いた大腸内視鏡検査 無痛法を用いた大腸内視鏡検査

No laxative

下剤を直接飲まずに胃カメラで下剤を投与して大腸カメラを受けていただくことも可能です。下剤処置が苦手な方はお気軽にご相談ください。
※入院が必要になります。

治療実績豊富なESD治療実績豊富なESD

ESD

厚生労働省の大腸ESDの施設基準を満たしている当院では、胃・食道・大腸の早期癌に対して内視鏡治療が可能です。担当医までお気軽にご相談下さい。

がん検診と人間ドックについて

がん検診と人間ドックについて

体重が落ちた感じがする、食欲がない気がする 便の調子が悪いなど、お腹の症状でお困りのことはございませんか? もしかすると胃や大腸の病気かもしれません。40歳を過ぎたら1度内視鏡検査を受けてみましょう。

がん検診と人間ドックについてがん検診と人間ドックについて
がん検診と人間ドックについて

症状と疾患Symptoms and illness

当院の特徴Feature

keyboard_arrow_up