大腸がん

大腸がんについて

結腸・直腸・肛門を含む大腸に発生するがんを大腸がんと言います。良性のポリープである腺腫ががん化したものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。がんによる死亡原因として女性は1位、男性は3位と高く、発症率が年々増加傾向にあります。大腸がんのうち、およそ7割がS状結腸や直腸から発生し、大腸ポリープをそのまま放置して発症しています。粘膜表面にできたがん細胞が、その下の筋層に広がり、やがて転移していきます。粘膜下層までを早期がん・筋層へ広がったがんを進行がんと言います。内視鏡検査などで、ポリープや早期がんの段階で発見された場合は、切除治療によって完治が可能です。

大腸がんの原因

主に食生活の欧米化が大きく関わっているとされています。動物性脂肪やたんぱく質の過剰摂取・食物繊維不足・肥満などが、日本における大腸がん増加の原因と言われています。加えて、遺伝的要因も指摘されているため、大腸がん患者が親族にいる場合は、注意が必要です。通常は、50歳以上から大腸がんリスクが高まりますが、遺伝的要因の可能性がある方は40歳以前の発症も疑われるので、定期的な検査を受けてください。

大腸がんの症状

早期大腸がんや大腸ポリープの段階では、自覚症状がほとんどありません。この段階で発見されれば、内視鏡切除治療によって根治が可能です。目立った症状がない初期では、検診などの内視鏡検査で見つかることが多いとされています。病状が進行してしまうと、腹痛・下痢や便秘といった排便異常・膨満感・血便・下血・嘔吐などの症状が現れます。この場合、便潜血検査で陽性の結果が出ますが、稀に大腸がんが進行していても陰性になってしまう場合があるので注意してください。

大腸がん検査

大腸カメラ検査によって、早期の大腸がんや大腸ポリープを発見できます。大腸粘膜を直接観察でき、検査中に見つけた病変組織を採取して、生検を行って確定診断ができます。当院では、大腸カメラ検査中に発見した大腸ポリープは、その場で切除できる手術治療が可能です。病変を切除することで、将来の大腸がんを予防することにつながります。当院では、軸保持短縮法を用いた検査・鎮静剤を使った無痛検査を実施しています。大腸カメラ検査が苦手な方や不安な方は、どうぞお気軽にご相談ください。

 

大腸ポリープ切除治療

大腸カメラ検査中に、大腸ポリープを発見できることで、その場で切除治療が可能です。大腸がんのほとんどが、大腸ポリープを放置してそれが徐々に大きくなって発症しています。ポリープを切除することで、将来の大腸がんを防ぎます。当院では、検査時に見つけた病変をその場で切除する手術を行っています。検査と同日に切除できるため、別日スケジュールを設ける必要がありません。

 

keyboard_arrow_up