短期滞在外科手術について

短期滞在外科手術とは

短期滞在外科手術とはお仕事で忙しい方や、子育て・介護などで長期間家をあけられない方が、しっかりと痔の治療を受けられるのが短期滞在外科手術です。手術を受けたその日に帰宅できるため、入院加療にかかるストレスやスケジュール調整が必要なく、気軽に治療を行うことができます。手術後は、安心できる自宅で療養期間を過ごすことができます。日常生活への影響が少なく、入院にかかる日数に比べると比較的早く社会復帰が可能になります。このように、長期の入院治療が困難な方でも、しっかりと治療を行えるのが短期滞在外科手術です。

当院の痔の短期滞在外科手術

当院で行っている痔の治療は、「機能温存を重視し、できるだけ切らない」ことをモットーにしています。
肛門は単に便を出す機能だけでなく、高度な知覚機能を持っています。たとえば、便が溜まっていてもおならだけを出したり、溜まっている便が下痢かどうかを区別することにはかなり繊細な知覚を必要とします。肛門の皮膚(上皮)や肛門を締める筋肉を切ってしまうと、その高度な知覚機能が損なわれ、自分の意志に関係なく便が漏れるなどの可能性が出てくるなど、その後の生活に大きな支障が出てしまいます。ですから、「機能温存を重視し、できるだけ切らない」ことが重要なのです。

8割以上の方が、即日、職場に復帰しています

現在でも多くの医療機関では痔の手術に長期の入院(2週間〜1ヶ月)が伴うことが多いのですが、当院では超音波メス(ハーモニックスカルぺル)を導入することで、痔の短期滞在外科手術を可能にしています。 超音波メスは止血能力が高く、術後の出血を防ぐことができることに加え、術後の治りが早いという結果が出ており、これを使うことで短期滞在外科手術を安全に行うことができるのです。

ただし、手術は、ご自宅での安静など術後に無理をしない事も鉄則です。手術当日を含めて2日間自宅で安静に過ごせば、その後は出勤し、通常業務につくことが可能です。ただし、2週間は禁酒し、運動やお身体に負担をかける出張や旅行などは避けましょう。手術スケジュールを立てる際には、こうしたことも視野に入れる必要があります。 当院で治療する場合には、土曜に手術を受けて、月曜から会社に行くことができますので、日常生活にほとんど影響を及ぼしません。

短期滞在外科手術のメリットとデメリット

メリット

入院する必要がなく、日常生活への影響が少ないのが短期滞在外科手術の大きなメリットです。入院に必要な物品を揃えたり、仕事などのスケジュールを調整したりなどの準備が最低限で済みます。また、術後はそのまま帰宅でき、安心できる自宅で療養期間を過ごせます。また、医療費も入院費用が一切かかりません。このように、手術治療における時間的拘束と経済的負担を大幅に軽減することができます。

デメリット

デメリットは、大きく2つあります。1つめは、術後の痛みや排便後の処置に関してです。排便後の洗浄や処置は、事前に丁寧に説明と指導を行っています。2つめは、術後の出血です。術後の出血には、早期出血と晩期出血がありますが、手術中に十分な止血・処置を行うことで防げます。手術後は、医師直通の連絡先をお伝えするので、術後の経過や処置の不安や万が一なにかが起きた場合はいつでも連絡を取れるようにしています。

当院の短期滞在外科手術の条件

当院では、以下の条件を満たす方を対象に短期滞在外科手術を行っています。

  • 診察の結果で、短期滞在外科手術でも可能な状態であると判断された方
  • 当院の治療方針や注意点にご理解いただける方
  • 手術翌日とその後一定期間来院が可能な方

短期滞在外科手術後の通院スケジュール

入院をしない代わりに、手術後は翌日とその1週間後に受診して頂きます。術後の患部の状態を確認しながら消毒を行います。それ以降は、創が完治するまで定期的に通院してください。

TOPへ