痔の治療

痔の治療

痔当院では、痔の短期滞在外科手術・日帰り手術を行っています。

痔は、”切らずに、排便習慣のコントロールで治す”事が基本であり、それを重視した治療は再発防止のためにも不可欠ですが、医学的に手術を含めた何らかの処置をする以外に治療法が無いケースもあります。
幸いなことに痔の手術治療は長足の進歩を遂げており、ほとんどが日帰り手術で受けることが可能になっています。

内痔核(いぼ痔)とは

内痔核痔核とは静脈の腫れのことであり、一般的には「いぼ痔」という名称で知られています。内痔核は肛門の歯状線より直腸側にできたものを指します。内痔核ができる原因は、便秘などによって困難な排便時に行ういきみだとされており、出血や脱肛で気付く場合もありますが、ご本人の自覚が全くない隠れいぼ痔のケースもかなりあります。

内痔核の治療法

出血と痛みという症状だけの場合、坐薬や塗り薬を肛門に注入する治療を行います。
排便の度にコブが肛門の外に出る脱肛を伴う場合には、第一選択としてジオン注射で治療しますが、脱肛の程度の強い場合には切除を行うこともあります。

適切な治療法を選ぶことが重要です

内痔核の治療では、脱肛の程度によって適切な治療法が変わります。
脱肛の程度は、4段階に分けられています。

Ⅰ度 脱肛していない。
【症状】主な症状は出血や痛みです。出血は、トイレットペーパーにつく程度です。
【治療】塗り薬。注入軟膏。坐薬。内服薬
Ⅱ度 排便時に脱肛するが、自然に戻る
【症状】おしりから何か出てきた。痛みや残便感がある。
【治療】ジオン注射を用いた硬化療法。輪ゴム結紮治療
Ⅲ度 排便時に脱肛し、手で押し込まないと戻らない
【症状】出たものが自然には戻らず、指で押し込まないと戻らなくなっており、排便時だけでなく、運動や、重いものを持つなどお腹に力を入れた拍子に脱肛することもあります。
【治療】ジオン注射を用いた硬化療法。結紮切除法。ジオン注射と結紮切除法を組み合わせた併用療法。肛門形成術
Ⅳ度 排便時以外も脱肛している
【症状】いつも外に出たままで、戻らない状態です。そのため、下着が汚れたり、肛門の周辺がかぶれて痒みを引き起こすなどします。最終段階の重症度です。
【治療】ジオン注射と結紮切除の併用。手術単独(結紮切除法、肛門形成術など)

いぼ痔は初期症状に痛みがほとんどありません。そのため肛門科受診のきっかけをつかめず、つい放置してしまうケースがよくあります。ところが、いぼ痔は気づかないうちに徐々に大きくなってしまい、手術が必要になってしまいます。
出血、残便感、腫張感、違和感、脱出などの自覚症状が出たらすぐに肛門科の診療を受け、治療を開始することで、簡単な処置や生活習慣の見直しで治ることがほとんどです。おしりに違和感があったら、お気軽にご相談ください。

当院の痔の短期滞在手術

当院で行っている痔の治療は、「機能温存を重視し、できるだけ切らない」ことをモットーにしています。
肛門は単に便を出す機能だけでなく、高度な知覚機能を持っています。たとえば、便が溜まっていてもおならだけを出したり、溜まっている便が下痢かどうかを区別することにはかなり繊細な知覚を必要とします。肛門の皮膚(上皮)や肛門を締める筋肉を切ってしまうと、その高度な知覚機能が損なわれ、自分の意志に関係なく便が漏れるなどの可能性が出てくるなど、その後の生活に大きな支障が出てしまいます。ですから、「機能温存を重視し、できるだけ切らない」ことが重要なのです。

切らない画期的なジオン注射

従来であれば切除手術が必要だった内痔核(いぼ痔)も、現在ではジオン注射のみで対応可能になってきています。

切除が必要なケースでも、極力切る範囲を限定し機能を温存します

どうしても切除が必要なケースも残念ですがあります。その場合も肛門の皮膚(内痔核の場合)や筋肉(痔ろうの場合)を極力切らないことを鉄則にした手術を行っています。

8割以上の方が、即日、職場に復帰しています

現在でも多くの医療機関では痔の手術に長期の入院(2週間〜1ヶ月)が伴うことが多いのですが、当院では超音波メス(ハーモニックスカルぺル)を導入することで、痔の短期滞在外科手術を可能にしています。
超音波メスは止血能力が高く、術後の出血を防ぐことができることに加え、術後の治りが早いという結果が出ており、これを使うことで短期滞在外科手術を安全に行うことができるのです。

ただし、手術は、ご自宅での安静など術後に無理をしない事も鉄則です。手術当日を含めて2日間自宅で安静に過ごせば、その後は出勤し、通常業務につくことが可能です。ただし、2週間は禁酒し、運動やお身体に負担をかける出張や旅行などは避けましょう。手術スケジュールを立てる際には、こうしたことも視野に入れる必要があります。
当院で治療する場合には、土曜に手術を受けて、月曜から会社に行くことができますので、日常生活にほとんど影響を及ぼしません。

内痔核の手術法

ジオン注射(ALTA療法)

ジオン注射2005年(平成17年)からジオン注射が保険適用になり、当院でも日帰り手術の6割以上をジオン注射が占めています。
この治療では、ジオンという薬剤を注射で痔核に注入し、痔核を小さく固めて消退させます。1度で効果を発揮することから、手術とほぼ同等の根治性を持っているとされています。従来であれば切除手術が必要だった内痔核(いぼ痔)も、ジオン注射のみで対応可能になってきています。

4段階注射法

ジオン注射では、内痔核の粘膜部分を4つの部分に分けて、それぞれに注入する4段階注射法が原則です。現状、脱肛を伴う患者様の多くは、肛門管という皮膚の部分も腫れているケースがほとんどです。ジオン注射が登場した当時には皮膚の部分に注射できないとされていましたが、ある一定量であれば有効であることがわかり、皮膚の部分にも注射して治療する5段階注射法も可能になっており、当院でもこれを導入しています。

術後も安心なジオン注射 副作用について

当院では、数多くのジオン注射治療を行ってきており、重篤な副作用は全く出ておりません。
治療後には肛門付近に違和感や軽い痛みがあるケースもありますが、翌日にはほとんどの症状が消失します。
術後1~2週目に排便時の軽い出血がみられる場合もありますが、ジオン注射後1週間目にご来院いただき、患者様の状態に応じて注入軟膏を1週間使用していただくことでこうした出血を回避できます。そのため、当院でジオン注射を受けられる場合、原則として1週間後のご来院をお願いしています。

また、ジオンの薬剤はアルミニウムの化合物ですので、そうしたものを注入することを懸念される方もいらっしゃいますが、ジオン注射後に十分な水分補給を行うことで24時間以内にアルミニウムの化合物はほとんどが排泄されるので問題はありません。

ジオン注射について詳しくはコチラ → http://www.e-zi.net

結紮切除法(けっさつせつじょほう)

痔核に流入している動脈を結んでから、痔核を切除するという、いぼ痔の治療法の中で一番根治性が高い治療法です。ただし、従来の方法ですと手術を受けた後に痛みが出るため、なかなか手術に踏み切れない患者様が多かったようです。
当院で導入している超音波メス(ハーモニックスカルペル)を使った結紮切除法の手術は、止血が確実であるため術後の出血リスクが少なく、手術による組織損傷や術後の痛みを極力抑えることが可能で、治癒も早いという特徴を持っています。

内痔核の結紮切除法とジオン注射の併用療法

ジオン注射だけでは根治が難しい場合、ジオン注射の効果が及ばない部分だけを切除する併用療法です。切除というより削るという表現がふさわしい手術であり、従来の結紮切除法に比べて切除範囲が大幅に減少します。

輪ゴム結紮治療(わゴムけっさつちりょう)

内痔核を、輪ゴムで縛って、壊死させて治療します。

切れ痔(裂肛)

切れ痔切れ痔は、硬い便が出る時に肛門が傷つけられてできる裂傷です。
原因としては便秘が多く、そのため便秘になりやすい女性の患者様が比較的多い病気です。
切れ痔になると排便時に痛みを伴うため、排便を我慢して便秘になり、さらに悪化するというケースも多くなっています。
切れ痔では、肛門ポリープを形成することもありますし、肛門皮垂(スキンタグ)といった皮膚のたるみができることもあります。状況により裂肛に便が入ってしまい、化膿して痔ろうに進展してしまう可能性もあります。

切れ痔の治療法

裂傷といういわゆる外傷ですので、それを治すための軟膏を塗ることが治療の基本です。
症状が進むと、肛門狭窄といって肛門が狭くなってしまうことがあり、その場合には美容皮膚科などで用いられているボトックス注射で筋肉を弛緩させたり、遊離皮膚弁移植術という手術を行うこともあります。肛門ポリープの形成がみられる場合には、ポリープ切除を行います。肛門皮垂の切除に関しても治療を検討することもあります。

痔ろう(痔瘻 穴痔/蓮痔)

痔ろう痔ろうは、肛門周囲が細菌感染して炎症が起きて、直腸と肛門皮膚がトンネル状につながってしまう病気です。
肛門の皮膚に穴ができ、そこから膿が出るため「穴痔」とも呼ばれ、原因は下痢だとされています。女性よりも男性がなりやすい痔であると言えます。

痔ろうの症状

肛門の周りが腫れ、ズキズキとした痛みがある 下着やズボンが肛門や臀部から出た膿で汚れる

痔ろうの治療法

いぼ痔や切れ痔とは異なり、痔ろうは軟膏などの薬では治りません。治療には手術が必要となります。
痔ろうの手術には、次のような術式があります。

  1. 筋肉を切開する切開開放
  2. 筋肉を温存するくり抜き法
  3. シートン法
  4. Ligation of Intersphincteric Fistula Tract法

痔ろうの手術は通常、痔ろうそのものと肛門括約筋の一部を切る切開法が一般的ですが、これでは機能温存に不安があるため、当院では筋肉を切らずに温存し、痔ろうだけをくり抜く方法を採用しています。
くり抜き法と併用するかたちで、痔ろうの中に特殊な治療用のゴムを挿入し、ぐっと締めることでゆっくりと切っていくシートン法を行うこともあります。