内視鏡検査・治療

内視鏡検査・治療

当院の内視鏡検査・治療

1無痛法で検査が受けられます!

「内視鏡検査は辛い」という方のために、無痛法があります。

胃カメラは苦しい、大腸カメラは痛い、という経験のある方は是非ご利用ください。検査時の苦痛が抑えられ、楽に検査を受けることが出来ます。

「薬を使うのが怖い」という方もご安心ください。当院では常に呼吸のモニタリングと酸素飽和度のチェックを行いながら、必要に応じて適切な処置が行える体制を整えています。

2土曜日日曜日でも内視鏡検査・治療が可能

仕事で忙しくて、平日はなかなか内視鏡を受けられない方にも、受けていただきやすいように土・日も内視鏡検査を行っております。胃カメラ・大腸カメラともに対応可能です。

また内視鏡による治療が必要となった場合も土・日に行うことが可能です。日程に悩まれた場合は一度ご相談ください。

3ポリープ切除即日対応

当院では大腸カメラでポリープが見つかった場合、一泊入院でその場で切除出来ます。

一般的には1回目の大腸カメラでポリープが見つかった場合、後日改めて2回目の大腸カメラを行いポリープ切除を実施します。この場合再度約2ℓの下剤を飲まなくてはならず、検査の日程も再度調整する必要があります。

当院ではこのような患者様のご負担を軽減する為に、1回目の大腸カメラでポリープ切除を実施しております。

※ただし内服薬等によっては後日改めての施行となることがあります。

4女性スタッフによる検査対応

「恥ずかしいから大腸カメラを受けたくない」と思われる方のために、女性医師、女性スタッフのみによる検査対応も可能です。ご希望があれば予約の際にお申し出ください。また男性の方のために男性スタッフのみの対応も可能です。お気軽にご相談ください。

5送迎も充実!

無痛法の場合、終日自動車等の運転は出来ません。そのため無痛法希望だけど、家族の付添・送迎が頼めないという方のために、自宅や駅までの送迎サービスを、スタッフを増やし充実させました。
もちろん無料です。
※対象エリア:送迎車で10km圏内・要相談

内視鏡検査実績

内視鏡室が拡大しました

「内視鏡室の拡大」

内視鏡室が大きくなり、落ち着いた空間で検査を受けられます。
また、検査室も増えたことで、予約待ちの期間が短くなります。

二酸化炭素送気装置

検査後の腹部膨満感や不快感が大幅軽減

二酸化炭素送気装置空気をいれず(入れても極少量とし)カーブを緩やかにして腸のひだを分け入るように挿入する『無送気(少量送気)軸保持短縮挿入法』で痛みをなるべく感じず、検査時間も短時間でできる挿入方法で検査を行います。
右図のピンク色の部分が大腸です。肛門から盲腸まで80cmほど内視鏡を入れて観察します

二酸化炭素送気装置とは?

二酸化炭素送気装置一部の専門病院でしか導入されていない二酸化炭素送気装置を使用します。
これは、空気の100倍近い速さで水分に吸収されるため検査終了後の腹部膨満感や不快感がかなり軽減されます。

二酸化炭素送気装置の効果

下の2枚のレントゲン写真はどちらも検査後の写真です。

通常の空気を入れて検査をした場合

二酸化炭素送気装置 レントゲンこれは通常の空気を入れた大腸検査直後のレントゲン写真です。
黒く見えるのは大腸そして小腸に入った空気です。
お腹が空気でふくらんで膨満状態がわかります。
大腸とその奥の小腸が黒くなっています。
これはすべて腸内の空気です。

二酸化炭素を入れて検査をした場合

二酸化炭素送気装置 レントゲンこれは二酸化炭素を入れた大腸検査直後のレントゲン写真です。
すでに大腸内の二酸化炭素はほぼ吸収され黒い部分がほとんどありません。
この違いが検査後のお腹の張った膨満状態の差を表します。
大腸内の二酸化炭素はほぼ吸収され、わずかに小腸内に黒く残っています。

※上記の資料画像は、国立がんセンター中央病院 内視鏡部
『消化器内視鏡検査における炭酸ガスの安全性』からの引用です。