化学療法外来

化学療法外来

化学療法とは?

化学療法薬剤を用いて、疾病の治療を行うことを意味しています。
当院においては、「がん(悪性腫瘍)」に対し抗がん剤を用い、悪性細胞の増殖を阻害する目的で治療を行っております。近年、外来で行える化学療法も増えてきており、患者様の生活の質(QOL)を重視した治療を行っております。

受診するには?

毎週金曜日の午前中、完全予約制にて受診可能です。
受診希望の方は、一度当院へご来院いただき、スタッフへご相談ください。

担当医師は?

日本でも数少ない「日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医」であり、知識・経験豊富な医師が対応いたします。毎週同医師による診察のため、一貫した治療が可能となっており、安心して受診することが出来ます。

〈担当医師〉倉持 英和 (医学博士)/非常勤勤務
専門/がん薬物療法 所属/東京女子医科大学 化学療法科
日本外科学会認定医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

化学療法治療室

当院では、化学療法の点滴を受ける患者様のために、専用の化学療法治療室を用意しております。6床のリクライニングチェアでリラックスして治療を受けていただけます。専用の治療室に専任の看護師が常駐することで、安全に治療を行うことができます。化学療法の点滴は、薬剤師が安全キャビネットを使用し、無菌環境で調剤されています。